2018/01/13 - staff-nid

一目見たら忘れられない teori works のバッグ。

 「つむぐ、あむ、つなぐ」

出展者紹介。

 

今回初出展していただく

裂き織り作家 「teori works(テオリワークス)」さんのご紹介です。

 

 

 

山梨県を拠点に裂き織りでバッグの製作をおこなう「teori works(テオリワークス)」さん。

    月に一回程度、受注販売も行われています。

 

 裂き織りバッグと聞くと、野暮ったくなりがちなイメージがありますが、

ゆっくりと時間をかけて、ひとつずつ細部にまでこだわって手縫いされた

デザイン性の高いバッグたちは唯一無二の存在です。

 

 

今回、「つむぐ、あむ、つなぐ」のイベントでは“編むこと”がテーマですが、

「編むこと」についてのエピソードや想いをお伺いしました。

 

“今回、編むこと、がテーマとの事ですが、織ることも、

一段一段織りすすめて完成させてゆく、という点で編むことに通ずる気がします。”

 

一目見たら忘れられないteori worksさんの作品たち。

 

普段使いにも、フォーマルにも大活躍してくれるバッグたちです。

シンプルな服装で、このバックをひとつさし色に。

きっと気分があがりますよ。

 

@teori_works(instagram)

https://www.instagram.com/teori_works/

 

 

 

 

「つむぐ、あむ、つなぐ」

2018.1/20(土)-1/28(日)

※1/24(水)定休日

11:00 – 19:00

 

糸をつむぎ、あみ、つなぐ。

ぬくもりのある冬の「編む」アイテムがnidに届きます。

冬もさらに深まり、温かいものが恋しくなるこの季節。

寒い時期のお気に入りが見つかる9日間!

 

ぜひ、楽しみにお越しくださいませ。

facebookでシェアする

たったひとつの椅子が私たちの暮らしに豊かさをもたらしてくれることがある…。そんなことを信じながら提案してきた「心地よい暮らし」のためのインテリア。それをさらにもう一歩進め「あたたかい家族が育つ居心地の良い空間」をテーマに私たちは家づくりをはじめました。長年取り組んできた、細かいパーツへのこだわりや素材選び、その素材を活かす仕上げの大切さ光りや風の取り入れかたや暮らしの動線。足し算ではなく引き算から生まれてくるシンプルでぬくもりのあるデザイン。いつしかその想いは、ライフスタイルの提案という形でカフェ・インテリアショップへ引き継がれました。私たちが目指すのは、お客様が快適で居心地の良い空間作り…。ワクワクした楽しい日常の一コマになれれば、そんな嬉しいことはありません。

page top